• 印刷する

3商社のLNG発電所、開発権取得を発表

丸紅と住友商事は27日、ミャンマー最大都市ヤンゴン近郊で輸入した液化天然ガス(LNG)を燃料とする火力発電所の建設計画で、ミャンマー政府から独占開発権を付与されたとそれぞれ発表した。今後、三井物産を含む日本の商社3社で地場財閥との合弁会社を設立し、事業を推進する。

新たな発電所は、日本の官民が開発を手掛けるティラワ経済特区(SEZ)に隣接した港湾区に立地し、出力は1,250メガワット(MW)。建設する施設では、LNGの調達、輸送、貯蔵、再ガス化、そのガスを用いた発電までを一貫して行う見通し。

独占開発権の付与を受け、丸紅、住友商事、三井物産は地場財閥エデン・グループと合弁会社をつくり、現地で詳細な事業化調査を進める。政府との長期売電契約を締結し、商業運転開始後の25年間、ミャンマー政府傘下の電力発電公社(EPGE)に売電する計画だ。合弁会社の出資割合は非公表。

ミャンマーの発電能力は19年度で6,000MW余り。3商社らが整備する発電所の出力は、この2割に相当する大きさとなり、稼働後は現在まだ約5割にとどまるミャンマーの電化率向上に大きく寄与する見通しだ。

発電所の完成時期は明らかになっていないが、政府は2026年7月末までの稼働目標を定めており、5~6年後を目指すとみられる。

エデン・グループは1990年に創業し、建設業、ホテル業、金融業などを幅広く手掛ける。エネルギー分野では、石油・ガスのオフショア鉱区開発、石炭鉱区の探査事業などを展開している。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染687人、計8千人突破=25日朝(09:27)

社会保障委、出勤停止対象の加入者に支援金(09/25)

国際線旅客機の着陸禁止、10月末まで延長(09/25)

新興企業がコロナ下で前進 IT浸透追い風、資金調達つなぐ(09/25)

新たに869人感染、8千人に迫る=24日朝(09/25)

コロナ基金融資の第2弾、1千社余りが承認(09/25)

鶏肉の輸入、内需低迷で10月は停止(09/25)

プルデンシャルとヨマ系病院、医療分野で提携(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン