• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアで、新型…

オーストラリアで、新型コロナの感染者を追跡するアプリ「コビッドセーフ(COVIDSafe)」が運用開始されてから3カ月強となった。公開当初にモリソン首相が「規制緩和に必要な最重要ツール」と口酸っぱく訴えたこともあり、現在ダウンロード数は670万件を超えている。

ところがしばらくして、アップルのiPhoneではアプリをバックグラウンドで起動させただけでは機能しないことが判明。その後改善されたものの、ソフトウエアのバグが見つかるなど安定してはいないようで、アプリが政府の会見で言及されることは少ない。

一方、感染第二波に悩むビクトリア州政府は、現在接触者の追跡に時間を要しているらしく、メルボルンの企業が追跡技術を提供すると提案している。え?コビッドセーフはこの時のためのものではなかったの?と突っ込まずにはいられない。(岩下)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアで和食を…(09/24)

高速通信網に2年で45億$ NBN、800万世帯向けに改善へ(09/24)

RBA、10月6日に政策金利引き下げか(09/24)

情報開示規制の緩和延長へ、投資家は反対(09/24)

銀行の国債発行手数料、短期間で5000万$も(09/24)

豪連邦政府財政、景気後退で5530億$の打撃(09/24)

VIC首相、28日深夜にロックダウン緩和か(09/24)

出稼ぎ労働者、経済再開で再び海外に(09/24)

豪投資インセンティブ、融資1400億$増加か(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン