【労働関係法の基礎知識】第98回:シンガポールの労働安全・衛生 (その11)

シンガポールでは、6月19日から経済・社会活動の制限を3段階に分けて解除する措置の第2期に入りました。ただ政府は企業に対し、第2期が終わるまでは新型コロナウイルスの感染対策として原則、在宅勤務を含むテレワーク(遠隔勤務)を義務付けるといった状況が続いています。 …

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東南アジア各国で、新型…(01/18)

【年始インタビュー】新規進出の回復には時間も 国内での事業機会見直しを(01/18)

越、東南アの最有望国を維持=JBIC調査(01/18)

日本からの出張者受入停止、就労ビザ申請可(01/18)

入国規制を強化、コロナ変異種の流行で(01/18)

コロナ追跡アプリの導入、小売店では保留(01/18)

ノジマが繁華街で商業施設運営、海外で初(01/18)

小売BHG、ロビンソン撤退後の施設に出店(01/18)

不動産投信リンク、外銀2行とSLL契約(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン