• 印刷する

日系のWA州火電、供給違反の産炭企取得も

住友商事と関西電力が所有するオーストラリア・西オーストラリア(WA)州のブルーウォーターズ石炭火力発電所がこのほど、石炭採掘会社グリフィン・コールが石炭供給を怠ったとして、供給契約違反を通知したことが分かった。今後、グリフィンが所有する同州コリーの炭鉱の支配権を取得する可能性も示している。22日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

WA州には稼働中の炭鉱が2つしかなく、コリーのEwington炭鉱はその1つ。ただグリフィンは、2010年にインドのインフラ開発大手ランコ・インフラテックに買収されて以来、赤字を出し続けている。

ブルーウォーターズのサザーランド最高経営責任者(CEO)は「グリフィンは厳しい財務状況の中、炭鉱を継続的に運営するため称賛すべき対応をしている」とした上で、「安定的な石炭供給を確保するためには、わが社が管理に携わる必要がある」とした。

グリフィンには、違反是正のため14日間の猶予が与えられている。【同じトピックの記事2019年11月1日付】


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:年末にスーパーでガーリ…(01/22)

豪12月失業率、6.6%に改善 人口増加率の低迷要因か(01/22)

豪テック企が採用拡大、5割超増員の企業も(01/22)

ブリスベンのマスク義務、きょうから解除(01/22)

豪ホテル客室稼働率が急落、州境閉鎖で打撃(01/22)

20年の石炭輸入量が過去最多、豪産けん引(01/22)

観光業の損失70億$、給与補助の延長要求も(01/22)

〔政治スポットライト〕米大統領就任、豪NZに恩恵(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン