パーム農園の生産最大25%減、労働力不足で

マレーシア・パーム油協会(MPOA)は、労働力不足により国内のパーム農園各社の生産量が最大25%落ち込んでいるとの見解を示した。政府が年内の外国人労働者の新規雇用凍結を解除しなければ、落ち込み幅がさらに拡大すると警鐘を鳴らしている。21日付地元各紙が伝えた。 MP…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料化学農林・水産マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

ブルネイの出入国税、導入は10月に延期(14:20)

テイクオフ:在宅勤務で仕事場と化し…(08/04)

隣国往来、7日隔離で二の足 マレーシア人は費用負担にも不安(08/04)

RM1=25.0円、$1=4.22RM(3日)(08/04)

パナ、マレーシアの太陽電池工場の売却中止(08/04)

地場新興企業に出資、ギフティ(08/04)

7月の製造業PMI、2カ月連続で50以上(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン