台北のオフィス空室率、年内3.5%に低下か

米系不動産サービス世界大手のCBREが発表した台北市のオフィス市場に関する2020年第2四半期(4~6月)のリポートによると、第2四半期のオフィスの平均空室率は3.66%に下がった。「良質なオフィスの空室率は年内に3.5%まで下がる」とみている。 グレード別の空室率は、高…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新たな趣味が1つ増えた…(09/23)

パナ家電、8年連続の増収へ 独自の販路戦略、ネット強化せず(09/23)

地場航空2社、週9便の国際便を定期運航へ(09/23)

8月のスマホ販売46万台、前月比17%減(09/23)

タイ路線も承認、国際定期便が続々再開(09/23)

中国スマホ市場に再編機運、華為巡り=集邦(09/23)

5GとAIの同時発展、台湾に好機=広達(09/23)

精誠資訊が宝録株30%取得、交通分野強化へ(09/23)

シノプシス、台湾にAIチップ実験施設(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン