• 印刷する

テイクオフ:相変わらず在宅勤務をし…

相変わらず在宅勤務をしながら、不要不急の外出を自粛する日々が続いている。週末に出掛けるところと言えば、新型コロナウイルスの感染リスクが低そうな郊外の自然公園のほか、食材を調達するためのスーパーやファーマーズマーケットがほとんどだ。せめて適度な運動とバランスの取れた食生活は保ちたいとの考えからだ。

さまざまな経済・社会活動の制限が緩和され、市中のピリピリした空気はだいぶ和らいだように思う。ただ毎日の市中感染は十数人前後で推移する中、感染者がどこぞの商業施設に行ったという情報も流れてくるので油断はできない。

そんな中、住んでいる地区で「デング熱がアウトブレーク(感染爆発)しています」との掲示が掲げられた。ますます外出が厳しくなる。コロナにデング、生きてきた中で今年が一番、病気と健康に気を遣っているのではないだろうか。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染4人、市中感染はゼロ(27日)(11/27)

サービス業売上高、3Qは回復もマイナス圏(11/27)

外食キムリー、コロナ禍でも通期は25%増益(11/27)

NTUCの旅行保険、コロナ感染も補償(11/27)

英家電ダイソン、製造やR&D事業を拡充(11/27)

10月の製造業生産、一転急落 電子低迷とバイオ医療鈍化で(11/27)

ジョ州国境鉄道の国内工事、五洋建設に発注(11/27)

格安スクート、機内サービスをデジタル化(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン