再生エネ発電、契約締結期限を1年延長へ

タイのエネルギー規制委員会(ERC)のコムクリット事務局長は、ガスやバイオマス、廃棄物などで発電する小規模発電事業者(SPP)から電力を買い取る「SPPハイブリッドファーム事業」について、契約締結期限を2019年12月13日から1年延長する方針を明らかにした。今月30日…

関連国・地域: タイ
関連業種: 電機電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

LSエレク、タイで鉄道信号事業を受注(17:01)

テイクオフ:先週末、首都バンコクで…(09/22)

日本発の外国人専用便が増加 10月は週3便、予約状況に余裕も(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

8月の6空港利用者、78.7%減の257万人(09/22)

国営長距離バス、旧南ターミナルに復帰計画(09/22)

19年度タマネギ輸出、10万トン超で過去最高(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン