隣国でマレーシア人労働不足、コスト高も

マレーシアとシンガポールの国境規制の影響で、シンガポールの建設会社や警備会社が人材不足や事業コスト高に直面しているようだ。シンガポール改装業者・建材業者協会(RCMA)によると、現場の労働力は8割をマレーシア人で賄っており、二国間の往来が原則禁止されている中で…

関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産運輸サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

回復活動制限令で抱える問題、企業と対話(15:56)

テイクオフ:国内観光を盛り上げるべ…(08/03)

隣国との往来再開の詳細公表 数日待機措置、感染対策徹底へ(08/03)

外国人労働者を3分野に限定 製造業含まれず、連盟は再考要請(08/03)

日系の5割超が通常稼働、5月比で大幅改善(08/03)

RM1=24.8円、$1=4.24RM(7月30日)(08/03)

与党連合PN、正式発足ならUMNO不参加(08/03)

東南アジアのIPO、今年後半に増加見通し(08/03)

サバ州首相が議会解散表明、60日以内に選挙(08/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン