台湾製紙大手、下期の業況を楽観視

台湾の製紙大手は、下半期(7~12月)の業況を楽観している。製紙業を中心とする持ち株会社、永豊余投資控股の何奕達董事長はこのほど、「台湾製紙業界は新型コロナウイルス感染症の影響が比較的小さい」として、下半期を慎重ながらも楽観していると述べた。経済日報が伝えた。 …

関連国・地域: 台湾
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日、バスで九フン(フ…(08/11)

パネル2社が賃上げ・賞与へ 業況が好転、コロナで需要増加(08/11)

鴻海、インテルと5G専用製品を共同開発(08/11)

TSMCの7月売上高、前年比25%増に(08/11)

ノートPC5社、7月は全社増収(08/11)

聯発科技の7月売上高、過去2番目の高水準(08/11)

世紀鋼構、風力発電の基礎工場が年末完成へ(08/11)

中鋼の7月出荷量、予測を16%上回る(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン