ウナギ稚魚が6年ぶり豊漁、値下がりも

【共同】ニホンウナギの稚魚、シラスウナギが国内で6年ぶりの豊漁となり、取引価格の低下傾向が続くとの観測が出ている。2020年の漁期は国内採捕分で17.1トンを養殖池に入れ、記録的不漁だった昨年の約4.6倍に急増した。14年(17.4トン)以来の高水準となる。21日の「土用の丑の日…

関連国・地域: 日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

キリン、機能性飲料を拡充へ 越の健康志向、日系の挑戦(上)(09/21)

テイクオフ:菅政権が発足し、政策の…(09/21)

丸紅傘下が太陽光で融資獲得 100億元超、台湾の銀行で最高額(09/21)

【書籍ランキング】9月3日~9月9日(09/21)

政府が日系に投資呼び掛け 外相、事業環境への理解も求める(09/21)

外食のサガミ、ベトナム3号店をオープン(09/21)

日本とのビジネス往来再開、自宅待機免除(09/21)

NY原油先物市況、17日は3日続伸(09/21)

越航空が東京行きの商業運航、4月以降で初(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン