コロナ下で安定操業が継続 ティラワ、新たに2社が進出へ

日本の官民が支援して開発・運営する、ミャンマー最大都市ヤンゴンのティラワ経済特区(SEZ)で、15日までにフィリピンの食品大手を含む2社の進出が新たに決まった。ミャンマーでは4月以降、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響が強まったが、同SEZで…

関連国・地域: ミャンマーフィリピン日本欧州
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

キリン合弁、上期は減収減益 コロナ禍で下期も挽回難しく(08/13)

茂木外相、24日にネピドーで政府要人と会談(08/13)

政府、日韓への出稼ぎ労働者派遣再開を許可(08/13)

プロジェクトバンクに71案件追加、129件に(08/13)

韓国政府、ガスパイプライン改修を支援(08/13)

エアコン市場、25年までに267億円規模に(08/13)

10~7月の農産品輸出、18%増の33億ドル(08/13)

2日連続感染確認なし、累計360人=12日朝(08/13)

スー・チー氏、連邦国家樹立の重要性を強調(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン