• 印刷する

バンコク自動車見本市、外資が電動車を訴求

15日に開幕したタイの自動車展示・販売会「第41回バンコク国際モーターショー」では、外資系メーカーが電気自動車(EV)などをアピールしている。新型コロナウイルスの感染流行後、初めての開催となった国際モーターショーだが、日本車以外で販売台数4位のメルセデス・ベンツや、年内にタイでの新車販売から撤退することを決めている米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)の「シボレー」が参加を取りやめるなど、タイ市場における日本車の優位性がさらに印象づけられたイベントとなっている。

プラグインハイブリッド車(PHV)のSUV「X3」をアピールするBMWグループ(タイランド)のバラカ社長=14日、タイ・ノンタブリ県(NNA撮影)

プラグインハイブリッド車(PHV)のSUV「X3」をアピールするBMWグループ(タイランド)のバラカ社長=14日、タイ・ノンタブリ県(NNA撮影)

BMWグループのタイ法人、BMWグループ(タイランド)のアレクサンダー・バラカ社長は、14日に開いたメディア向けプレゼンテーションで、新型コロナにより販売が落ち込んでいる状況について、「われわれは過去に何度も危機を乗り越えてきた。今こそ過去の経験が実を結ぶ時だ」とコメント。グループとして、特にEVに注力する方針を強調した。BMWのブースでは、EVの「3シリーズ」や「X1」などのほか、プラグインハイブリッド車(PHV)のスポーツタイプ多目的車(SUV)「X3」を目立つ形で展示。並行してオンラインで行っている「バーチャル・モーターショー」では、ブランド初の電動SUV「ix3」を紹介している。一方、BMW傘下の小型車ブランド「ミニ」のブースでは、ブランド初のEV「「ミニ・クーパーSE」を訴求している。

米フォード・モーターのタイ法人フォード・タイランドは、メディア向けのプレゼンテーションなどは行わず、ピックアップトラック「レンジャー・ラプター」や乗用ピックアップ(PPV)「エベレスト」などを展示している。

韓国・現代自動車のタイ販売会社ヒュンダイ・モーター(タイランド)は、「コナ」と「アイオニック」のEV2モデルのほか、多目的車(MPV)「H―1」やバンタイプの「グランドスターレックス」を展示。今月26日までのモーターショー開催期間に、公道での試乗機会の提供などでアピールしている。

「MG(名爵)」ブランド車を販売するMGセールス(タイランド)では、ポンサック副社長が「ZS」や「HS」などのSUVや中国製EV「ZS・EV」をアピール。今年末までにショールーム・サービスセンターを150カ所まで拡大するなど販売体制を強化する方針も明らかにした。

タイ国トヨタ自動車(TMT)のまとめによると、今年1~5月のタイにおける新車販売台数約27万台のうち、日本車が24万1,000台で全体の9割近くを占めた。残り1割をフォード、MG、シボレー、ベンツ、BMW、現代自動車などが分け合う構図となっている。

MGセールス(タイランド)の展示ブース=14日、タイ・ノンタブリ県(NNA撮影)

MGセールス(タイランド)の展示ブース=14日、タイ・ノンタブリ県(NNA撮影)


関連国・地域: 中国韓国タイ米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

転換期を迎える訪日旅行市場 官民で需要喚起、コロナ後見据え(08/07)

首相が内閣改造を実施、6ポスト入れ替え(08/07)

CPTPPの加盟申請、今年は断念=商務省(08/07)

7月のCPI0.98%低下、下落率は縮小(08/07)

経済3団体、GDP見通しを再び下方修正(08/07)

独MANがタイ参入、トラック3モデル発表(08/07)

JBIC、車部品エヌティー精密向けに融資(08/07)

車シートのインター、下期の受注拡大を予測(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン