• 印刷する

テイクオフ:朴元淳(パク・ウォンス…

朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長の死去が明らかになった3日後、韓国で人気のインフルエンサーが自殺した。ネットで誹謗中傷を多数受け、精神的苦痛から自ら命を絶ったという。連日のように飛び込んでくるこうした不幸なニュース。韓国の自殺の多さを改めて痛感する。

統計庁によると、韓国人の人口10万人当たりの自殺者数を示す「自殺死亡率」は2018年に26.6人で、経済協力開発機構(OECD)加盟国中で10年連続トップとなった。日本の自殺死亡率15.8人(19年基準)と比べても割合の高さは歴然だ。

韓国では自殺が謝罪や抗議の手段に使われる傾向がある。自殺が悪いことだという認識が薄いことも一つの要因だが、理由は一言では語れない。「自殺大国」と呼ばれて久しい韓国。一向に改善しない現状に、政府として次の一手はあるのだろうか。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:3年前に脱北した20代…(08/06)

対日貿易赤字が再び拡大 半導体回復、製造装置の輸入増加(08/06)

新型コロナ感染者、33人増の1万4456人(08/06)

7月の消費者物価、2カ月でプラス転換(08/06)

クアルコム、TSMCに5ナノ振替発注か(08/06)

クーパンなど韓国8大手、世界との差縮める(08/06)

現代建設機械、重機リースでアジア攻略へ(08/06)

米国、韓国製風力タワーに反ダンピング税(08/06)

韓国都和、越中部に太陽光発電所を建設へ(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン