国営石炭、ブルネイへの輸出開始を視野

インドネシアの国営石炭会社ブキット・アサム(PTBA)が、隣国ブルネイへの市場参入を目指している。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い需要が低下し、インドなど既存市場への輸出が減少していることが背景にある。テンポ(電子版)が伝えた。 PTBAはこれまでブルネイに…

関連国・地域: インドネシアインドブルネイ
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:週末の朝、ジャカルタ中…(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

コロナ無症状者受け入れ進む 公的施設、10日間で利用率9割に(09/22)

新型コロナ対応、政府が研修医の派遣拡大へ(09/22)

外国人の滞在許可取得、10月5日に再延長(09/22)

21年最賃、算出指標に4品目追加へ(09/22)

陸運会社のコロナ損失、月間15.9兆ルピア(09/22)

グラブとゴジェック合併、当局の判断に注目(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン