• 印刷する

パプア経済、今年はマイナス成長へ=世界銀

世界銀行(世銀)はこのほど、パプアニューギニアの2020年の実質経済成長率が、新型コロナウイルスの感染症拡大によるコモディティー需要の縮小と交易条件の悪化により、マイナス1.3%になるとの見通しを明らかにした。ただ、世界経済の回復により21年には3.4%になるという。ビジネスアドバンテージPNGが伝えた。

世銀でパプアニューギニア経済を専門にするエコノミストのイリヤス・サスノフ氏は、液化天然ガス(LNG)や銅、金などの資源部門の今年の成長率はマイナス2.7%となり、非資源部門は横ばいだと予想している。

パプアの2019年の成長率は6%だったが、18年はマイナス0.75%。一方、資源部門の昨年の成長率は10%だった。

サスノフ氏は、パプア政府は新型コロナに対して迅速な対応を行ったと評価。国内総生産(GDP)の2.2%に当たる18億3,500万キナ(約561億円)を拠出して、感染抑制やロックダウン(都市封鎖)で影響を受けた部門への支援を行った。

国税局は、納税申請の期限延長を認め、納付期限を2カ月間延長するとしている。パプアの会計年度は暦年で、法人税は30%、所得税は累進課税で税率が22~44%となっている。

銀行は新型コロナの影響を受けた世帯や企業を救済する目的で、総残高6億キナの融資に対し3カ月の返済猶予を認めた。

世銀は、来年以降のパプア経済の回復には、資源部門への新規プロジェクトに対する海外投資が必要だと指摘。また、質の高いインフラがパプアの持続的成長を下支えするとし、送電網や道路・空港・港・水路などの開発が必要だとしている。

パプアの新型コロナの累計感染者数は11人で、8人が既に回復。現在の患者は3人で、死者は出ていない。


関連国・地域: オーストラリアパプアニューギニア
関連業種: 医療・医薬品天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:通勤途中に白を基調とし…(05/14)

豪州、ワクチン接種に約13億円の資金支援(05/14)

豪与野党、予算案にらみ攻防 労働党は起業支援の対案発表(05/14)

<予算案>法人税の軽減、税収負担は労働者に(05/14)

<予算案>小売業界は歓迎も巨額負債に警戒(05/14)

<予算案>時代遅れの生命保険を一掃へ(05/14)

<予算案>退職年金の規制緩和、業界歓迎(05/14)

<予算案>医療保険料の抑制と精神病支援拡大(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン