鉄鋼タタ、4~6月は生産大幅減

インドの鉄鋼大手タタ・スチールは9日、2020/21年度第1四半期(20年4~6月)の粗鋼生産量と販売量(速報値)を公表した。インド事業の生産量は299万トンで、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって前年同期の450万トン、前四半期の473万トンから大幅に減少した。 インド…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

インド・米国、ラオスに医療機器など供与(08/13)

テイクオフ:新型コロナのパンデミッ…(08/13)

【アジア・ユニークビジネス列伝】「コロナで爪切り大ヒット」 「変わり種のマイクロ保険」(08/13)

東芝、家電事業を再始動 21年に新工場で生産開始予定(08/13)

7月乗用車販売は3.9%減、減少幅は縮小(08/13)

7月の二輪販売、15%減の128万台(08/13)

ヘルメット大手、20億ルピーで2工場稼働(08/13)

日本工営、バングラで鉄道整備事業を受注(08/13)

鉄鋼タタ、本年度販売見通し110万トン維持(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン