G20がデジタル通貨容認へ、論議を本格化

【ワシントン共同=金友久美子】20カ国・地域(G20)が、現金に代わる決済手段「デジタル通貨」を事実上容認する方向で調整に入ったことが11日、分かった。マネーロンダリング(資金洗浄)の防止など規制論議を10月に本格化させる見通しだ。複数のG20関係者が明らかにした。 米…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

国内初の金生産開始へ、東部の金鉱で(06/14)

タイとの貿易、4月は輸出入とも前年超えに(06/14)

周辺国労働者のコロナ検査、タイが延長(06/14)

米がカンボジア基地視察、中国利用疑いで(06/14)

シエムレアプの一部、感染深刻な地域に指定(06/11)

現金給付開始、コロナ感染者と困窮者対象(06/11)

中国外相、カンボジアへの支援を再表明(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン