• 印刷する

テイクオフ:総選挙日の10日に写真…

総選挙日の10日に写真撮影で訪れた投票所には、午前中の時点で有権者が長蛇の列を作っていた。新型コロナ対策で異例の措置を講じたことが要因だ。使い捨て手袋の着用や消毒液の塗布に時間がかかる上、感染リスクの高い人向けの投票時間を設けたことで、一般の人の投票時間に影響が出た。

高齢者には比較的人が少ない午前中の投票が推奨されたが、炎天下の中、行列で老人が立ち尽くしている姿は痛々しかった。選挙局は混雑緩和のため、昼すぎに使い捨て手袋の使用中止を発表。それでも列は続き、投票時間を2時間延長する措置を初めて導入。野党からは「準備不足」と批判する声が出た。

選挙結果は与党が約9割の議席を確保したものの、野党の躍進が目立った。近い将来、投票所の混乱を含めて国民の不満、不安の受け皿になる野党が、国会で存在感を示す時代に入るのかもしれない。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

OCBC銀行、1~6月期決算は42%減益(08/08)

MC取得後に外出で起訴、コロナ対策違反(08/08)

共用オフィスのジャストコー、2カ所開業へ(08/08)

新規感染242人、計5万4797人(7日)(08/08)

大手2行、1~6月2桁減益 コロナ禍で信用コスト増加(08/07)

外国人居住施設での感染検査、7日に終了(08/07)

海外感染者の医療費、7日から保険適用(08/07)

ASEAN+3の成長率0.0%、AMRO予測(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン