リオと住友化学のNZアルミ製錬所、閉鎖へ

英豪系資源大手リオ・ティントはこのほど、同社が運営するニュージーランド(NZ)南島サウスランドのティワイ・ポイント(Tiwai Point)のアルミ製錬所、NZアルミニウム・スメルター(NZAS)を閉鎖する計画を明らかにした。エネルギーコストが高く、事業が存続できないと説…

関連国・地域: オーストラリアニュージーランド日本
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ビクトリア州でマスクの…(08/13)

NZが再び緊迫、感染源は貨物か 豪NZの渡航緩和は年内困難?(08/13)

入国規制の緩和政策、国から地域に対象限定(08/13)

シドニー空港の上期、5千万$超赤字(08/13)

VIC州封鎖の緩和、1日20人未満が条件(08/13)

NSW首相「マスク着用義務化も視野に」(08/13)

豪2Q賃金、1.8%と過去最低の上昇率(08/13)

豪消費者マインドまた下落、4月の水準に後退(08/13)

豪カード支出が二極化、VIC州以外で増加(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン