発電GPSC、減収も再生エネ移行を前倒し

タイ国営石油PTTの発電事業子会社グローバル・パワー・シナジー(GPSC)は、新型コロナウイルス感染症の影響で減収が見込まれる中、再生可能エネルギー分野などへの移行を前倒しで進める方針だ。10日付バンコクポストが伝えた。 PTTのアタポン社長兼最高経営責任者(C…

関連国・地域: タイ
関連業種: 電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:素焼きと伝統菓子で知ら…(08/13)

投資認可額、上半期は17%減 コロナ抑制強みにFDI誘致強化(08/13)

BTS、電動トラムバス開発で国立大と協力(08/13)

建設CNT、再生エネ事業の会社新設へ(08/13)

20年のエネルギー消費、5.3~7.9%減見通し(08/13)

JBIC、トヨタ系金融会社に協調融資(08/13)

鉄鋼タタ、本年度販売見通し110万トン維持(08/13)

永冠能源が内外に新工場、風力発電向け強化(08/13)

エクソン、東部の石化プロジェクトを延期(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン