• 印刷する

ラカイン州のガス田開発、NGOが中止要求

ミャンマーの非政府組織(NGO)「アラカン・オイル・ウォッチ(AOW)」は、西部ラカイン州でのガス田開発事業などを中止するよう、政府や開発に関わる企業に求めている。AOWは、開発事業が少数民族との紛争の原因になり、さらなる貧困を引き起こすと主張している。

8日付で声明を発表した。AOWのジョカイ・カイン・ディレクターは「連邦政府は、(チャウピュー沖)シュエ・ガス田などラカイン州での資源開発から得られる資金を少数民族との紛争に用いる武器の調達に充てている」と非難した。

また、「政府は天然資源と土地の所有、運営の権利を求める少数民族の声を無視すべきではない」と強調。「当事者を交えた協議で紛争の根本的な解決を図り、ラカイン州で平和を回復するまで、地元住民に何の利益もない大型投資計画は中断すべきだ」と訴えた。

ラカイン州では、複数の外資企業によるガス田開発が進行している。直近では2019年12月、仏トタルやオーストラリアのウッドサイド・エネルギーなどの合弁会社が、ベンガル湾沖で発見したガス田の本格生産に関する契約を締結した。

また、同州チャウピューで深海港や経済特区(SEZ)の開発を目指す中国と、ポスコグループがガス田開発を計画される韓国の投資も非難した。


関連国・地域: ミャンマーオーストラリア欧州
関連業種: 自動車・二輪車天然資源社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ガソリン3割高騰、政変後に 銀行機能不全とチャット安で(05/07)

一般行政局を再び内務省傘下に、軍関与強化(05/07)

国連はミャンマーへの武器禁輸措置を、NGO(05/07)

銀行の現金不足深刻、預金の引き出し続く(05/07)

企業登記、4月は反転し前月比5割増に(05/07)

コロナ再拡大に懸念、周辺国のまん延で(05/07)

連結純利益は史上2番目=丸紅社長(05/07)

天然ゴム価格が低下、需要の冷え込みで(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン