上期の工作機械4割減、10年ぶり5千億円割れ

【共同】日本工作機械工業会が9日発表した国内工作機械メーカーの2020年上半期(1~6月)の受注総額(速報値)は、前年同期比39.9%減の4,100億円だった。半期ベースで5,000億円を割り込むのは10年上半期(4,409億円)以来、10年ぶり。 米中貿易摩擦の影響で受注が落ち込んだと…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

転換期を迎える訪日旅行市場 官民で需要喚起、コロナ後見据え(08/07)

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

神鋼環境、リゾート施設向け浄水設備を受注(08/07)

テイクオフ:今年2回目の土用の丑(…(08/07)

タンチョン、越で日産2車種の販売終了へ(08/07)

マルチスズキ、昨年度に整備拠点250カ所追加(08/07)

日本電気硝子、医薬用管ガラスの生産増強(08/07)

【アジア三面記事】昼寝に忙しい開運猫(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン