• 印刷する

労相、中国人労働者500人の入国で国会説明

インドネシアのイダ労相は8日、東南スラウェシ州コナウェ県で操業する企業が中国人労働者500人を入国させたことについて、国会第9委員会で説明した。新型コロナウイルスの流行に伴い外国人の入国が制限されている中で批判があるものの、労相は「企業の運営に外国人労働者の専門知識が必要」と指摘、地元労働者5,000人を雇用する約束を企業側から取り付けたと説明した。

コロナ禍で多くの労働者が解雇や一時帰休措置に直面している。イダ労相は「多くの新規雇用が創出されることが望まれている」と説明した。外国人労働者を増やすことに対する批判については「地元労働者の雇用を伴う形で行うことを要請した」と理解を求めた。

同日の国営アンタラ通信は、中国の江蘇徳龍鎳業の子会社、バーチュー・ドラゴン・ニッケル・インダストリー(VDNI)とコナウェ県政府が、地元労働者5,000人の採用に関する覚書を締結したと伝えた。海事・投資担当調整省のジョディ・マハルディ報道官は「採用プロセスが適切に行われるよう、われわれも監視する」と述べた。

5,000人は、同県のモロシ工業団地で操業するVDNIと、香港とシンガポールの象嶼瀚晟の子会社、オブシディアン・ステンレス・スチール(OSS)の2社に配属される予定。

イダ労相は8日、コナウェ県で操業する企業が中国人労働者500人を入国させたことについて、国会で説明した(労働・移住省提供)

イダ労相は8日、コナウェ県で操業する企業が中国人労働者500人を入国させたことについて、国会で説明した(労働・移住省提供)


関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:8月に入り、街が紅白カ…(08/06)

4~6月GDP、5.32%減 コロナ影響顕在化、回復遠く(08/06)

王子HD、9カ所目の段ボール工場を建設(08/06)

首都の渋滞で年間65兆ルピアの損失、運輸相(08/06)

運輸省、航空旅客への検査義務付け見直しか(08/06)

AP2、7月の搭乗者数が前月の2倍に回復(08/06)

ANAの成田4便と羽田運休、9月も継続(08/06)

新型コロナワクチン、国営製薬が量産体制へ(08/06)

上期の石油ガス投資額、当初通年目標の39%(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン