• 印刷する

テイクオフ:5月末から新型コロナの…

5月末から新型コロナの流行が再燃した福岡県北九州市では、感染者数がようやく落ち着き日常を取り戻しつつある。外出自粛中ずっと会いたいと思っていた人と再会したのに、マスクに隠れた顔は笑っているのか不機嫌なのか。以前のように大声で笑っておしゃべりしたい。コロナがもたらした「新常態」の中で、もどかしい気持ちを抱えている。

感染流行でストップした海外との往来も、ベトナムやタイを皮切りに徐々に再開されるようだ。4、5月の訪日外国人客は前年同月比99.9%減。九州でも観光業は大打撃を受けた。

コロナ不安のまっただ中にいた4月半ば、観光業に携わる知人から、来年の五輪開催に合わせて九州に外国人客を呼び込むためのアプリを開発すると連絡があった。どんなにつらい時も希望を持てば乗り越えられる。大声で笑い合える日が1日も早く来ますように。(夏)


関連国・地域: タイベトナム日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

転換期を迎える訪日旅行市場 官民で需要喚起、コロナ後見据え(08/07)

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

神鋼環境、リゾート施設向け浄水設備を受注(08/07)

テイクオフ:今年2回目の土用の丑(…(08/07)

タンチョン、越で日産2車種の販売終了へ(08/07)

マルチスズキ、昨年度に整備拠点250カ所追加(08/07)

日本電気硝子、医薬用管ガラスの生産増強(08/07)

【アジア三面記事】昼寝に忙しい開運猫(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン