• 印刷する

テイクオフ:総選挙があす10日に投…

総選挙があす10日に投開票される。選挙活動は8日までの9日間で、きょうは「クーリングオフデー」と呼ばれる冷却日だ。集会が禁止されていたほか、コロナ下の各種活動制限で外出機会が減っていることもあり、いまひとつ盛り上がりに欠けたようにみえた。

ただテレビや新聞、ネットでは連日のように舌戦が繰り広げられていた。圧倒的に不利な野党がなんとか有権者の気を引こうと、さまざまな発言をする中、与党がそれは言い過ぎだと非難。昨年に成立したフェイクニュース法で処罰される例も出た。一方、野党候補者の中には会員制交流サイト(SNS)を駆使し、有権者の関心をうまく集めた人もいたようだ。

今回の選挙は、主戦場がリアルからバーチャルに移った。SNSの情報をより信じる世代の有権者も増えており、結果が気になる。米国のように番狂わせとまではいかないだろうが。(樹)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

OCBC銀行、1~6月期決算は減収減益(08/07)

新規感染242人、計5万4797人(7日)(08/07)

大手2行、1~6月2桁減益 コロナ禍で信用コスト増加(08/07)

外国人居住施設での感染検査、7日に終了(08/07)

海外感染者の医療費、7日から保険適用(08/07)

ASEAN+3の成長率0.0%、AMRO予測(08/07)

世界先進が値上げも、需要旺盛で(08/07)

雇用差別で47社が監視リスト入り=人材省(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン