• 印刷する

テイクオフ:インドは6月から全土封…

インドは6月から全土封鎖の解除段階に入り、飲食店やショッピングモールも再開しつつある。ただ、コロナ前の平常には遠く、飲食店は配達や持ち帰りでの営業がほとんど。モール内は半分近い店がシャッターを下ろしている。

普段の週末は人であふれているモールも、一部の店しか開いていないとあって買い物客はまばらだ。ところがキャッシャーの周囲には常に人がいて、短い列ができている。コロナ禍でもやはり消費に積極的な人はいるのか。感心していると接客業の知人に言われた。「いま来るのは本気の客なんだよ」

誰でも自由に出入りできるモールには、時間をつぶしに来る人もいれば涼みに来る人もいる。いまはそうした潜在的な消費者が減り、必要に迫られた人が来店しているという見立てだ。そう言われて眺めると、ショッピングバッグを抱えて店を出る人たちが、やけに頼もしく見えてくる。(成)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ウィズコロナ」の時代…(08/06)

倉庫面積は今年も拡大 ECなどけん引、年内に回復へ(08/06)

日本からのチャーター便到着、160人超が搭乗(08/06)

テラの電動三輪広告事業、経産省など支援(08/06)

乗用車事業での提携、タタ自が報道を否定(08/06)

アショク、英バス会社に1台目のEVを納車(08/06)

コダックテレビ、新工場整備に50億ルピー(08/06)

ユニチャーム、工場火災の被害額161億円(08/06)

JSWが火発買収から撤退、再エネに注力(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン