• 印刷する

桃園にMRT11路線を新設、市が青写真

桃園市は6日、地下鉄・新交通システムの捷運(MRT)を市内に11本新設する計画を発表した。桃園、中レキ(レキ=土へんに歴)の中心部、航空城特区という3カ所の都心を6路線で結ぶ「三心六線」計画に続く第2期のMRTシステム整備事業。向こう30年の間に建設する計画だ。

計画路線11本のうち、桃園捷運(桃園MRT)の緑線(グリーンライン)の支線区間となる「緑線延伸大溪段」には中量軌道輸送システム(MCS)を採用。その他の路線はライトレールシステムを採用して、コスト削減と工期短縮を両立する。

その他路線の名称は「桃園中レキ平鎮線」「平鎮龍譚線」「林口亀山線」「桃園航空城線」「大園観音線」など。

桃園市の人口は現在225万人を超え、2051年には300万人に到達すると予測されており、「三心六線」では都市と人口の発展ニーズを満たせないと判断。「三心六線」の枠組みの下で、路線ネットワークを延長し、MRT各駅の半径800メートル圏内の人口カバー率を現在の44%(約131万人)から70%(約210万人)に引き上げる計画だ。

同市政府捷運工程局は、6日と7日の両日にこの整備計画の説明会を開催。年末に交通部に計画案を提出して審議を仰ぐ意向だ。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

IT大手がコロナ対策、来客禁止など(15:34)

各大学がオンライン移行、警戒度引き上げで(15:08)

テイクオフ:「日本のどこ出身ですか…(05/13)

メードイン台湾堅持、副首相 半導体をつくる島の未来(3)(05/13)

TSMC2ナノ用地は既に確保、沈副院長(05/13)

市中感染82人増、日韓含むメーカーも(05/13)

新型コロナ、域内感染は最多の16人(05/13)

指揮中心、防疫強化に向け6大措置(05/13)

コロナ警戒レベルの引き上げ見送り、政府(05/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン