• 印刷する

テイクオフ:休日にシドニー近郊の図…

休日にシドニー近郊の図書館を訪ねた。コロナ禍の今は一部の区域のみが入館可能で、そこに司書がめぼしい本をワゴンで運んでくるという仕組みだ。

待っていると年配の女性司書がワゴンを押してやって来た。こちらが日本人だと分かったらしく「日本語のもあるわよ」という。のぞき込むと乳幼児教育や離乳食関係、それと妊活の本だ。子がもう二十歳を過ぎた当方としては興味はなく、「みんなベビー関係の本。必要ないよ」と答えた。すると「まだ若いでしょ」との返し。確かにまばらな来館者は、ほとんどがご老人。その中では比較的若い。答えに窮しているとそのおばちゃん、「チャンスは十分あるわよ」と意味不明の追い打ちを掛け、しまいにはウインクしてニッと笑った。

その晩、先に寝た家人を横に、おばちゃんのセリフがよみがえって仕方なかった。(尋助)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:所得税申告の季節。銀行…(08/07)

豪GDP、2.5%減少見通し モリソン首相「失業率10%の懸念も」(08/07)

VIC都市封鎖、財界は州より連邦頼み(08/07)

コロナ禍を機に政府は規制改革を=業界団体(08/07)

メルボ小売、オンライン販売整備で明暗(08/07)

豪イケア、封鎖で一部家具売上げが450%増(08/07)

VIC州の食品流通大混乱、全国に波及も(08/07)

QLD―NSW州境閉鎖、観光業や鉱業は悲鳴(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン