• 印刷する

労働者の多くは在宅勤務が不可能、カザナ

マレーシアの政府系投資会社カザナ・ナショナルの調査部門、カザナ・リサーチ(KRI)はこのほど、新型コロナウイルス感染症の流行で導入された在宅勤務について、マレーシアの労働者の多くには実行可能な選択肢にならないとする分析を明らかにした。6日付スターが伝えた。

シティ・アイシャー・トゥミン研究員は「在宅勤務は高技能職種や一部の高賃金業種に偏重しており、当てはまらない労働者が大半な上、自営業には定着していない」と指摘。また、技術的制約や仕事の性質によっても在宅勤務が不可能なケースがあるとし、一例として外食や宅配サービス業を挙げた。

シティ氏は、自営業者や低技能・低賃金労働者にとって、在宅勤務は仕事を続ける選択肢になり得ないと強調した。

一方、求職サイト運営ジョブストリートによると、新型コロナの影響を受け、マレーシアで従業員に在宅勤務を求めた上位5業種は▽保険・年金基金(81%)▽IT(77%)▽教育(70%)▽不動産開発(70%)▽銀行(69%)――の順だった。また、従業員数が500人以上の大企業でより普及したという。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

2QのGDPは17.1%減、11年ぶりマイナス(18:20)

ワクチンで中国3社と協議 東南アの製造ハブ構想も、保健省(08/14)

RM1=25.5円、$1=4.19RM(13日)(08/14)

「しゃぶ葉」1号店オープン(08/14)

不動産ティティジャヤ、医療関連事業参入へ(08/14)

当局への報告なき解雇が増加、法的措置も(08/14)

2Qの労働需要、前期比2.1%減の838.3万人(08/14)

コロナ対策2法案提出、契約不履行免責など(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン