• 印刷する

ハイフォンのホテルニッコー、8月1日開業

ホテル・ニッコー・ハイフォンの外観イメージ(オークラ・ニッコー・ホテルマネジメント提供)

ホテル・ニッコー・ハイフォンの外観イメージ(オークラ・ニッコー・ホテルマネジメント提供)

ホテルオークラの子会社オークラ・ニッコー・ホテルマネジメントは6日、ベトナム北部ハイフォン市の新ホテル「ホテル・ニッコー・ハイフォン」が8月1日に開業すると発表した。新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)で国際線の運航が限定的で、外国人旅行者の宿泊需要は当面見込めない。安全対策を講じつつ、まずはビジネス客や国内旅行者の取り込みを進める。

6日に宿泊予約の受け付けを開始した。同ホテルは2017年に着工し、大和ハウス工業とフジタが建設を手掛けた。両社共同の新市街地エリア「ウォーター・フロント・シティ」の一角に位置する。ホテルは地上21階建てで、延べ床面積は2万2,783平方メートル、客室数は250室。日本料理店「飛翔」や宴会場4カ所などを備える。

オークラ・ニッコー・ホテルマネジメントの担当者はNNAに対し、「(コロナ禍が発生したものの)予定通りの開業となる」と話した。ベトナムは80日以上、新型コロナウイルスの新規感染者が出ておらず、国内線は復旧している。ベトナム政府は国内旅行の奨励で観光関連産業を支援しようとしており、新ホテルで国内旅行者を取り込んでいく。

ハイフォンは、ホーチミン市、首都ハノイに次ぐ第3の都市で、港湾都市として発展してきた。自動車、電子部品、物流サービスなど日系約80社が拠点を置いている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

【コロナを超えて】エースコック、市況の変化注視 消費の新形態に着目、生活密着へ(08/14)

感染者905人、死者も増加し20人に(08/14)

不動産投資クリード、アンギア株を一部売却(08/14)

二大都市の工業団地、2Qにリース料金上昇(08/14)

ビンG、ゲアン省でショップハウス開発へ(08/14)

韓電の越発電所開発、サムスンなど参加検討(08/14)

ペトロリメックス、自己株1300万株売却へ(08/14)

韓国の建材製造、越中部に床材工場が完成(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン