蔚山市のトラム、燃料電池車両を導入へ

韓国南東部の蔚山市が、2027年の一部開通を目指すトラム(路面電車)に水素を燃料とする車両を導入する方針を固めた。燃料電池型のトラムは韓国初となる。6日付ソウル経済新聞が伝えた。 市は現代自動車グループの鉄道車両メーカー、現代ロテムと早ければ8月にも提携する方針だ…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 電機運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:供給の遅れで一時停滞し…(06/15)

外国人労働不足が深刻化 入国予定の6%、労働規制も影響(06/15)

車や発電で水素本格活用へ、国際競争激しく(06/15)

コロナ新規感染者、77日ぶり400人下回る(06/15)

韓国とコロンビア、「高リスク」に引き上げ(06/15)

海外でのワクチン接種者、7月から隔離免除(06/15)

「韓国の生産力活用を」文氏がAZに要請(06/15)

韓国、首都MRT第4期工事への参入に意欲(06/15)

現代自会長が訪米、次世代事業を視察(06/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン