• 印刷する

テイクオフ:ニュージーランドでは9…

ニュージーランドでは9月19日に行われる総選挙に合わせ、大麻の娯楽使用の合法化について可否を問う国民投票が予定されている。争点の一つは、健康への影響だ。

NZで自分の敷地内に内緒で大麻を育てていると主張する人が言うには、大麻を吸っても健康問題はないという。一方、別の人は身内が大麻を吸いすぎて脳がダメージを受けて大変だったので反対だという。実際はどうなのか分からないが、大麻に対する感受性が人によって違うことは確かだ。

もっと気になるのは、合法化した場合の利用制限だ。

原則的には、勤務時間中も、休憩時間にたばこを吸うのと同じように大麻を吸っても良いことになる。気分よく仕事に戻れば問題はないが、人によっては極端に作用する場合もある。就業中の大麻喫煙は法律で制限するのか、企業の職務規範で決めるのか気になるところだ。(欣達)


関連国・地域: オーストラリアニュージーランド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:通勤途中に白を基調とし…(05/14)

豪州、ワクチン接種に約13億円の資金支援(05/14)

豪与野党、予算案にらみ攻防 労働党は起業支援の対案発表(05/14)

<予算案>法人税の軽減、税収負担は労働者に(05/14)

<予算案>小売業界は歓迎も巨額負債に警戒(05/14)

<予算案>時代遅れの生命保険を一掃へ(05/14)

<予算案>退職年金の規制緩和、業界歓迎(05/14)

<予算案>医療保険料の抑制と精神病支援拡大(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン