《安全》腺ペスト感染疑い、内モンゴル自治区で報告

内モンゴル自治区バヤンノール市衛生健康委員会は5日、同市ウラド中旗の病院で腺ペストの疑いがある患者が1人報告されたと発表した。これに伴い同市は腺ペストの警戒態勢全4段階の上から3番目となる「3級」を敷き、年末まで防疫措置をとるとした。 市当局は、「人とネズミの…

関連国・地域: 中国-内モンゴル
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

対中貿易が1千億ドル超えへ 医療・電子で輸入急増、赤字拡大(10/29)

追加接種はビオンテック推奨 シノバック接種者に、専門家委(10/29)

今年の国内旅行者4割弱増へ コロナ抑制で、正常化には時間(10/29)

高リスク者への検査頻度増、中央が要求か(10/29)

知財保護の5年計画、経済の活力に(10/29)

【ラオス経済通信】ナムウー連続水力発電所が完成 第166回(10/29)

中小の製造業、法人税など減免へ=常務会議(10/29)

恒大会長、豪邸担保に3億HKドル借り入れか(10/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン