国安法で注意喚起、外務省がスポット情報

日本の外務省は3日、香港国家安全維持法(国安法)施行を受け、香港の在留邦人や渡航者に注意を呼び掛ける「スポット情報」を発表した。 国安法の施行に伴い、「抗議活動や治安への影響、同法に基づく制度の構築や運用などを注視する必要がある」と指摘。最新情報の入手に努め、…

関連国・地域: 香港日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

大手日刊紙創業者らを逮捕 国安法違反容疑、メディアで初(08/11)

域内67人含む69人の感染確認、計4148人(08/11)

政府の全市民検査、2週間で700万件可能(08/11)

集合制限令など感染防止策、18日まで継続(08/11)

親中派団体、経済再建へ結束呼び掛け(08/11)

米議員ら11人を制裁対象に、香港巡り対抗措置(08/11)

続落、騰訊やスマホ関連に売り=香港株式(08/11)

財閥CP、香港のオークションサイト買収(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン