• 印刷する

テイクオフ:10日の総選挙を前にシ…

10日の総選挙を前にシンガポールは今、選挙戦の真っただ中にある。といってもコロナ禍で集会は禁止され、専らテレビやネットを使った静かな戦いだ。

有権者に直接訴えられない分、テレビの政見放送が果たす役割は大きい。与党の立候補者は演説慣れしている人が多く、分かりやすく簡潔に政策を訴える。ただ内容は地元選挙区での活動の成果や、政府の方針をあらためて強調するもので聞き慣れた話が目立つ。一方、普段あまり耳にすることのない野党の演説には「政府会計に透明性を」「閣僚報酬が高すぎる」などさまざまな意見があり、ある意味新鮮だ。

最大野党、労働者党(WP)の書記長が「政権を担うことはできないが、多様な意見を反映させてバランスの取れた国会にしたい」と率直に話していたのが印象的だった。各党の公約に国民がどう審判を下すか。外国人にとっても気になるところだ。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:外出を自粛する生活が続…(08/05)

個人向け金融サービスを強化 配車グラブ、コロナ下の新戦略(08/05)

【月次リポート】自動車ニュース(7月) 欧州でクリーン水素同盟(08/05)

米フィンテック企業、ア太平洋拠点設置へ(08/05)

賃金ガイドライン、コロナ禍で見直し検討(08/05)

ヤンゴンの食品工業団地開発、投資委が認可(08/05)

製造業PMI、6カ月ぶりに50超え(08/05)

6月の外国人入国者2千人、前月からは回復(08/05)

米インテグリス、積層造形の研究所設立へ(08/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン