双塔食品、世界の「人工肉」原料4割生産

食品メーカーの煙台双塔食品(山東省煙台市)は6月末に行った投資家向けの説明で、同社が「人工肉」原料の供給事業者として、エンドウ豆由来のタンパク質の生産では世界の約4割を担っていると明らかにした。新京報が伝えた。 同社によると、エンドウ豆由来タンパク質の世界の年…

関連国・地域: 中国-山東
関連業種: 食品・飲料その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

佳世達、飲食店の運営状況可視化サービス(12:04)

バタム石油備蓄施設の早期実現、政府が要請(12:32)

新都市開発「仕切り直し」 ヤンゴン、連邦政府が入札へ(08/04)

HSBC、中間期は77%減益 香港も2割減、信用損失急増(08/04)

テイクオフ:広州ではここ数年で高級…(08/04)

スタンチャート、香港事業上期は2割減益(08/04)

主要石炭企業の利益3割減 コロナが影響、下半期は復調期待(08/04)

台湾企業、iPhone生産ラインをインド移設か(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン