1~6月の不動産投資、前年同期から約半減

シンガポールの不動産投資が低迷している。米不動産会社クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドによると、2020年上半期(1~6月)の取引額は61億3,000万Sドル(約4,700億円)となり、前年同期から45%減少した。 1~3月の取引額は30億2,000万Sドルで、前四半期から37%減…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

東テク、ビル管理システムの現地社買収(13:25)

仏エンジー、北西部で地域冷房システム受注(12:15)

ジュロン地区線の2駅、中国系企業に発注(11:25)

新規感染16人、市中感染が6割超(12日)(10:28)

外国人労働者の入国制限、当面は継続(10:27)

シンガポール航空、成田経由LA線を再開(10:24)

新規生命保険料収入、1~3月期は29%増(10:22)

複合ケッペル、川崎重工などと液化水素事業(10:21)

ベトナムとシンガポール、中低リスクに(05/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン