レバラン前後の公共交通利用者数が99%減

インドネシア運輸省は1日、イスラム教の断食明け大祭(レバラン、今年は5月24~25日)前後7日間の公共交通の利用者が、今年は前年同期比99%減の29万9,543人だったと明らかにした。新型コロナウイルスの感染防止策として、帰省禁止や公共交通機関の一時運行停止などの措置が取ら…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

PSBB再導入、家計支出に打撃=フィッチ(09/25)

ゴジェックの人気上昇、満足度ではグラブ(09/25)

北スラウェシ―成田に貨物便 ガルーダ、農水産品の輸出拡大で(09/25)

首都の行動制限、10月11日まで延長(09/25)

インドネシア死者1万超、東南アジア初(09/25)

トヨタ、全国規模のバーチャル展示会(09/25)

プルデンシャルとヨマ系病院、医療分野で提携(09/25)

ライオン航空、リース料滞納で訴訟に(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン