• 印刷する

労働基金の5月運用、2カ月連続で黒字

台湾労働部(労働省)によると、労工退休(労働者退職金)基金など同部が管理する6基金を合わせた2020年5月の運用実績は、707億8,000万台湾元(約2,580億円)の黒字だった。4月の1,758億元に続き、2カ月連続の黒字となった。

1~5月は2,246億7,000万元の赤字。1~4月(2,954億5,000万元)から赤字を700億元以上圧縮した。収益率はマイナス5.29%。

項目別の運用赤字額は、新制度の労工退休(労働者退職金)基金が1,353億7,000万元で最大。ただ1~4月(1,786億元)からは赤字を縮めた。旧制度の労働者退職金基金は568億5,000万元、労働者保険基金は332億3,000万元となった。

5月末時点の6基金の規模は4兆3,428億元で、前月末(4兆3,061億元)から360億元以上増えた。このうち、新制度の労働者退職金基金は2兆5,225億元となり、運用規模に占める割合は58%だった。旧制度の労働者退職金基金は9,401億元。

2日付経済日報によると、労働部労働基金運用局は、金融市場の安定化に伴い、6月の運用も上向くと指摘。6基金は下半期(10~12月)に損益が均衡するとの見方を示した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

政府、子育て支援策を強化 世界最低の出生率改善目指す(05/07)

エイサー、1Q純益は直近10年の最高(05/07)

20年製造業、TSMCが研究開発費など3冠(05/07)

研華、部品不足で2Q売り上げが後ずれへ(05/07)

環球晶円のウエハー出荷、23年まで増加か(05/07)

台プラ4社、4月は7割以上増収(05/07)

台鉄を公営企業化、交通部が草案提出(05/07)

長栄海運の3月純利益、22倍に急拡大(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン