米FCC、華為を「安全上の脅威」に指定

米連邦通信委員会(FCC)は6月30日、通信機器大手の華為技術(広東省深セン市、ファーウェイ)と中興通訊(同、ZTE)を米国の「安全保障上の脅威」に正式に指定したと発表した。米国政府の補助金を使って2社の通信機器を購入することを一切禁止する。 同委員会は昨年11月…

関連国・地域: 中国-深セン米国
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

バイトダンス、アプリで反中記事を削除(08/14)

工作機械輸出、7月は4割減 不振の流れ変わらず、通年半減か(08/14)

ワクチンで中国3社と協議 東南アの製造ハブ構想も、保健省(08/14)

テイクオフ:「もう産まれる」。2年…(08/14)

中国、マカオ観光を解禁 9月にも全土から、業界に期待(08/14)

【コロナ後の新常態】オンライン教育に脚光 コロナで需要拡大、日中協業も(08/14)

鴻海、中国の生産比率70%に引き下げ(08/14)

CP、商用車マクサス販売をフォトンに統合(08/14)

米が中国製使用で取引禁止、華為など5社(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン