• 印刷する

アースミュージック&エコロジー、中国撤退

服飾ブランド「アースミュージック&エコロジー」などを展開するストライプインターナショナル(岡山市)が、6月30日をもって中国市場から撤退したことが分かった。電子商取引(EC)サイトへの出店やフランチャイズ店の展開も含め、全ての事業を終了した。

同社は2011年、上海市に現地法人を設立。中国で店舗展開や、傘下ブランドのECサイトへの出店を進めていた。18年には中国事業の強化に向けて阿里巴巴集団(アリババグループ)の日本法人との協業を発表。アリババグループが持つ顧客データを活用し、ECや店舗、越境ECなどのデータ統合で売上最大化を図る方針も打ち出していた。

中国紙では、撤退の背景には競争の激化に加え、新型コロナウイルス感染拡大による売り上げの急減などがあると報じられている。同社広報は中国撤退について「グループ全体の戦略である、選択と集中による経営判断」とし、詳細についての明言は避けた。現地法人については「適切な時期に清算する」としている。

東南アジアなど、中国以外での海外事業は従来通り展開していく予定という。


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 繊維小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:折り畳み電気調理器に浄…(01/26)

中国系企業、北部で風力発電の事業化調査(01/26)

【日本の税務】健康保険の療養費申請について(01/26)

春節の移動制限で戸惑う日系 半数企業に指導、慰留手当支給も(01/26)

鴻海が在宅勤務導入、桃園の院内感染で(01/26)

オンラインでのモノ販売、20年は15%増(01/26)

韓国仁川湾の取扱量が過去最高、中・越好調(01/26)

20年の海外直接投資、中国向けが世界最大(01/26)

10~12月期のコメ輸出、中国向けが7割超(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン