産業向け電力サーチャージ、下期は徴収せず

マレーシアのエネルギー委員会は6月30日、マレー半島の産業向け電気料金に上乗せされる付加料金(サーチャージ)を今年下半期(7~12月)は請求しないと発表した。燃料である石炭の価格低下を受けた措置。上半期は1キロワット時(kWh)当たり2.0セン(約0.5円、1リンギ=10…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: その他製造建設・不動産天然資源電力・ガス・水道小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

マレーシア国民ら、政府便でインドから帰国(05/12)

テイクオフ:「鼻水出てますね」。最…(05/12)

ソフトバンク、アジア強化へ 同業アクシアタのAI部門と提携(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン