• 印刷する

テイクオフ:1,000ルピア(約7…

1,000ルピア(約75円)硬貨に、1億ルピアの値段がついた――。こんな話題でネット上がにぎわった。銀色と金色の2種類の素材で作られた、1993年発行のコインがそれだ。絵柄はアブラヤシ。伝統竹楽器アンクルンが描かれた新しい方ではない。

風邪をひいたときに、背中にタイガーバームのような軟こうやオイルを塗り、硬貨のへりでゴシゴシこする民間療法がある。皮膚には真っ赤な跡が残るが、全身がホカホカして温まる。くだんのコインはほかの硬貨よりも分厚く頑丈だから、効き目も抜群。そんな使い道もある。

だから超高額がついた、というわけでもなさそう。実際に10万倍の値段でコレクターに買われたのかどうかも定かではない。だが、ルピア相場の変動に一喜一憂するよりは、自分もこの高値の硬貨を持ってるはずと考えてみる。古い貯金箱を割ってみるか。(麻)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

電源開発計画、新型コロナで7事業が遅延(14:54)

バタム石油備蓄施設の早期実現、政府が要請(12:32)

テイクオフ:首都ジャカルタを走るK…(08/04)

7月のCPI上昇率は1.54% 5カ月連続で減速、食品が主要因(08/04)

公共交通乗客が回復、6月は前月比2桁増(08/04)

トヨタが6モデルをリコール、燃料ポンプで(08/04)

首都の公共バス、車両155台を追加導入(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン