【動く台湾経済】コロナ禍での台湾経済と日本からの投資 第196回

この度、3度目の台湾駐在となり、4年ぶりに台湾に戻ってきて、再び本稿を担当することとなりました野村総合研究所(台湾)の田崎嘉邦(董事兼副総経理)です。宜しくお願い致します。 改めて担当することとなった初回の本稿において何を書こうかと思いましたが、着任前から気に…

関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:4月のある夜のこと。ふ…(06/24)

第3級、7月12日まで延長 コロナ警戒、経済への影響懸念(06/24)

コロナ域内感染、3日ぶり100人超(06/24)

台北卸売市場クラスター、指揮中心が対応策(06/24)

家庭用コロナ検査キット、コンビニで販売(06/24)

入国後の待機期間、14日間に短縮(06/24)

鴻海、中国と中国以外の生産比率が75:25に(06/24)

グアムへ「ワクチン観光」、旅行社が準備(06/24)

「旅行は当面ぜいたく品に」、代理店大手(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン