「50年不変の約束破った」、台湾総統が失望表明

【台北共同】台湾の蔡英文総統は台北市で30日、中国の「香港国家安全維持法」案が可決されたことに対して「中国が(返還から)50年間不変とした約束を破ったことを非常に失望している。一国二制度が実現不可能であることを証明するものだ」と述べた。 総統府の報道官は「中国は香…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

CIPと華城電機、台中港に発電機組立工場(09/30)

新型コロナ感染者、515人に(10/01)

パソナ、一括採用管理プラットフォーム開始(10/02)

8月生産者物価、6カ月連続で低下(10/01)

テイクオフ:台湾で放送されている日…(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン