国巨がMLCCを2割値下げか、受注確保で

台湾受動部品最大手の国巨(ヤゲオ)が、積層セラミックコンデンサー(MLCC)の出荷価格を20%程度引き下げたとの観測が浮上している。日韓の同業が新型コロナウイルス感染症を受けて停止していた海外工場を再稼働させる中、国巨は値下げにより受注の確保を図っているとみられ…

関連国・地域: 台湾韓国日本
関連業種: IT・通信社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

CIPと華城電機、台中港に発電機組立工場(09/30)

新型コロナ感染者、515人に(15:17)

8月生産者物価、6カ月連続で低下(10/01)

テイクオフ:台湾で放送されている日…(09/30)

【業界探訪】運動人口の増加が追い風 柏文健康事業の陳兄弟(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン