〔オセアニアン事件簿〕QLD州炭鉱、高濃度メタン事故が55回

英資源大手アングロ・アメリカンがオーストラリア・クイーンズランド(QLD)州に保有するグロブナー(Grosvenor)炭鉱の査察を担当していた同州政府の元検査官のルカ・ロッキ氏が退官後、同社の幹部社員になっていることが分かった。同炭鉱ではこれまでに少なくとも55回にわ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 天然資源雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

大林の豪JV、アトラシアンビル設計技術協力(18:01)

経営共創基盤、メルボに支店設置で豪NZ視野(18:01)

ANZ、今年の成長率1.6%を維持(18:42)

豪LNG部門の評価損、累計200億$超に(18:01)

アヤラ系電力、豪同業株の20%取得(08/03)

VIC感染者、ついに700人超 マスク義務全域に、訪問者規制も(07/31)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン