活動制限の緩和、7月も継続 経済優先し感染地域のみ封鎖

インド政府は7月以降も大部分の経済活動を認める方針だ。新型コロナウイルスの新規感染者数は1日当たり2万人近いペースで増えているが、感染が深刻な地域のみを部分的に封鎖することで、経済への影響を最小限に抑える。国内の累計感染者数は7月中に100万人に達するともいわれ、…

関連国・地域: インド
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナの第2波に見…(06/14)

5月乗用車販売は9万台弱 第2波で大打撃、19年比6割減(06/14)

5月の二輪販売、50万台を下回る(06/14)

中国ハイセンス、2年以内にテレビ工場設置(06/14)

アダニが新会社、セメント事業参入へ(06/14)

北欧クラウン、インド沖でLNG基地整備へ(06/14)

AP州、産業集積地整備に145億ルピー(06/14)

デリー開発公社、新たな都市計画案を公表(06/14)

GST税率、新型コロナ関連製品を引き下げ(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン