政府が13億$サイバー対策、中国脅威が背景か

オーストラリア連邦政府が6月30日、サイバー攻撃に対するセキュリティー強化に、今後10年で13億5,000万豪ドル(約1,000億8,900万円)を投じると発表した。政府の情報機関であるオーストラリア信号局(ASD)に新たに500人の諜報部員を増やし、データサイエンス部門や諜報能力の…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本にいる妹が初出産を…(10/30)

民間が隔離用ホテル借り上げも コロナ諮問委が国境開放計画(10/30)

2大州政府、CBDの活性化に特別予算(10/30)

アサヒの飲料ブランド売却、ハイネケンが買収(10/30)

入国規制、中国と豪ビクトリア州を解除(10/30)

外資買収法の改正、影響小さい=FIRB(10/30)

日本の環境目標、豪水素・LNG輸出を押上げ(10/30)

低排出技術の研究連携で合意=豪英首相が会談(10/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン